女性にもAGAはあるんです。そのメカニズムとは?

女性の育毛

AGAとは男性型脱毛症のことです。これは、男性ホルモンが大きく影響している脱毛症の事でなのですが、女性にも起こり得ます。
但し、その症状は男性とは異なります。
その為、女性のAGAの場合は、男性の症状とは区別するために、FAGA(女性男性型脱毛症)と、呼ばれることがあります。

今では、女性専用のAGAクリニックもあり、安心して治療が受けられます。
抜け毛や薄毛が気になった場合は、その症状をよく理解して、自分にあった方法を対応をしましょう!

まずは、FAGAがどのようにおこるのか、そのメカニズムをご紹介します。

・AGAのメカニズムって?
女性の血中にもある男性ホルモン(テストステロン)は、毛根にある毛乳頭に入り込むと、5αリダクターゼ酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。ジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に入り、毛母細胞の細胞分裂が弱まり、発毛を妨げてしまいます。
このような事が原因で、毛周期が乱れてしまい、毛髪の成長期が短くなって、毛髪がしっかりと成長する前に抜けてしまい、抜け毛や薄毛の要因になると言われています。

男性ホルモンが毛乳頭に入る原因は、男性ホルモンを受け入れるレセプター(受容体)を持っているかどうかによります。
レセプターを持っているかいないかは、遺伝によるものが大きいと考えられています。

・女性がAGAになる原因とは?
女性にも男性ホルモンはあるんです。
テストステロン(男性ホルモン)やジヒドロテストステロン(男性ホルモン)が体内で合成され毛髪に影響を及ぼすメカニズムは、女性でも男性と同じで、FAGA(女性男性型脱毛症)と症状が異なるのは、女性ホルモンの影響です。

・エストロゲンが髪を育てる
女性ホルモンであるエストロゲンは、毛髪を育てる働きがります。
若い女性は、女性ホルモンの分泌が活発です。その為、血中のテストステロン(男性ホルモン)の濃度が、男性の20分の1と極僅かなので、毛髪への影響も少ないです。

女性ホルモンであるエストロゲンの影響が大きい為、若い女性は毛髪が生え変わる期間は長くなります。僅かながら薄毛や抜け毛が起こったとしても、その影響はほとんど気にならない程度です。

・最大の原因は、女性ホルモンの減少です。
女性ホルモンがたくさん分泌されているのであれば良いのですが、女性ホルモンが減少するのは、加齢によるものが最も大きいです。
早い人では、35歳前後から女性ホルモンの分泌が少なくなってくると言われています。
女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンの力でAGAが発症しやすくなると考えられます。

また、ストレスや急激なダイエット、生活習慣の変化や乱れも女性ホルモンが減少する原因となります。
規則正しい生活とストレスを溜めないように気を付けましょう。

・男性と女性AGA(FAGA)その違いとは??
男性と女性では、抜け毛のパターンが異なります。
男性の場合は、生え際と頭頂部など、一部分的に薄くなってくることが多いのですが、女性の場合は、毛髪が細くなってボリュームが無くなってきたりして、全体的に症状があらわれてきます。

男性の場合は、放置すると男性ホルモンの影響が大きく、どんどん進行していくのですが、女性の場合は、減少するとはいえ、女性ホルモンが分泌されるので、男性のようにどんどん進行するわけではありません。

FAGAの場合は、女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れによる影響が大きいので、症状の改善には、ホルモンバランスを整えることが大切です。女性ホルモンを増やす食材をたくさん取ったり、ストレスを溜めこまないよう工夫したり、生活環境を整えましょう。

<女性ホルモンを増やす食材の一例>
イソフラボン(大豆製品等)、ビタミンE(アーモンド、緑黄色野菜等)、ビタミンB6(マグロ赤身、バナナ等)、コレステロール(卵等)

タイトルとURLをコピーしました