授乳。胸が痛いよ。どうして?その原因と対処法

子育て

赤ちゃん

おっぱいをあげたとき、あげた後、胸がチクチク痛んだり、ものすごく張って痛くなったりしたことありませんか?
耐えられる痛みだからといって、症状がでてるんだから、我慢してはいけません。それには理由があります。放っっておくとより痛みがつよくなったりする場合もありますし、病気ではないか?と、不安に思うこともあると思います。
授乳の際に起こる胸の痛みや原因と対策についてまとめました。

・胸のどこがどう痛む?

胸の痛みは、授乳後に感じる方が多いようです、が、ひどくなると、授乳前に痛い。もうずっと痛いなど症状は様々。右胸だけが痛かったり、左胸だけが痛かったり、両方だったり痛みの部位も異なります。また、痛みの度合いにも個人差があり、我慢できないほどではないけど、チクチクする。とか背中まで痛みが響くような方まで、人それぞれです。
どうして、痛みが起こるのでしょうか??その原因を考えてみました。

・乳腺が詰まってしまった。

最初は、チクチク程度の我慢できる痛みが多いようです。その痛みの原因は、乳腺や乳管が詰まり始めていることだと思います。
我慢できるからといって、そのままにしておくと、どんどん痛みが増してくるでしょう。症状が進行すると、ズンズン・ズキズキと痛みが変化し、乳腺炎になってしまいます。

・乳口が詰まってしまっている。

乳口とは母乳の出口です。赤ちゃんがおっぱいを吸う時に、地区偽の先だけ加えて吸うと乳口に負担がかかってしまい、乳口がふさがってしまうことがあります。そうなると、母乳が乳口につまってしまい、乳口炎になってしまいます。その場合、背中まで響くほどの強い痛みが出てきます。私はこれになってしまい、産婦人科に行きました。

・ツーン、キューンという痛みがある。

この痛みは、催乳感覚(オキシトシン反射)であると思われます。
これは、新しい母乳が生み出されるときに出る感覚で、他で例えるなら、下痢でもないのに、お腹が痛くなって、出すもの出せばスッキリした。というものと同じです。そんなに心配することではありません。

・雑菌による炎症

赤ちゃんの唾液や、あかちゃんの吸い過ぎになどによって、乳首に傷口がある場合に傷口から最近感染してしまい、乳腺内で炎症をおこしてしまう可能性があります。炎症しているので、胸に強い痛みを伴います。

・母乳を作るときの痛み

これは、致し方ありません。母乳がたくさん出るママさんに多い事例です。母乳がたくさん作られているので、胸が張ってきて張りによる痛みがあります。

・痛みへの対処法

赤ちゃん2

大きな原因は乳腺が詰まる事が原因の場合が多いです。母乳の質、つまりママの体質にもよりますが、乳腺がつまらないようにすることが大切です。その対処法をまとめました。

・おっぱいマッサージ

普段のマッサージ以外に、授乳後にマッサージすることがよいでしょう。乳首周りやおっぱい全体をもみほぐすと、つまりを防いだり、つまりを解消することが出来ます。

・水分をたくさん取る

水分補給が少ないと、母乳が濃くなりますし、母乳も作られにくいです。詰まりにくい母乳を作るためにも、水分をたくさん取ってください。水分補給が多いと、母乳もサラサラになり、詰まりにくくなります。
サラサラ母乳だと、栄養素がすくないのでは?と、思う方もいるかもしれませんが、それは別のお話し。ママがしっかりと栄養素を取っていれば、サラサラ母乳でも、ちゃんと栄養素が含まれた母乳が出ます。

・食生活を見直してみる

母乳に含まれる栄養素をはじめ、母乳はママの食生活が大きく影響します。
味が濃い食事などは控えて、バランスの良い食事をとることが重要です。栄養バランスが整った食事を心がけましょう。
ママの取った良い要素の一部が母乳になり、赤ちゃんに行くということを再認識してください。

キューティーママの場合は、カレーを食べた後は、うちの子、あまり母乳を飲んでくれませんでした。
カレーには様々なスパイスが含まれているので、赤ちゃんには刺激が感じられたのかもしれません。
うちの主人がカレー好きだったので、夕食がカレーが結構多かったんです。その時は、やっぱり飲む量が少なかったです。
刺激物が高い食事は避けたほうがいいと思います。

・授乳・搾乳をこまめにする

特に母乳がたくさん出るママさんは気を付けて頂きたいことです。
古い母乳が乳管の中に残らないよう気を付ける必要があります。目安としては、乳首(乳頭)に白い斑点がでたら、その斑点の部分を意識的に飲ませたり、搾乳するようにしましょう。

・冷えに注意

体が冷えるとおっぱいの血管も収縮してしまいます。
そうなると母乳の流れも悪くなり、つまりの原因になりやすいです。体を暖かくして、血流の巡りをよくしましょう。

・授乳のやり方を工夫する。

いつも同じ態勢で授乳していると、赤ちゃんが吸う部分も限定的になります。つまり、吸われない部分が出てきてしまうわけです。
抱っこの方法や角度を変えることで、乳頭全体を吸ってもらえるようになります。

・痛みや異変を感じたら、早めに医療機関へ相談しましょう。

病院へ行こう

少々の痛みだと我慢しがちで、病院に行かない場合がほとんどですが、自分自身の対処では限界があります。
何より、赤ちゃんはおっぱいを待ってくれません。痛みがひどくなると、日常生活にも支障をきたしたり、おっぱいタイムの度に我慢をし続けなければなりません。

普段からおっぱいの変化には気を付けて、自分自身チェックしておきましょう。

キューティーママのまとめ

キューティーママは、マッサージとかも全く知りませんでした。
痛みを感じて、でも最初は我慢していました。しかし、耐えられなくなって、産婦人科で相談し、マッサージを受けました。
そうすることでとても楽に授乳することが出来るようになりました。痛みは強かったのですが、幸い軽い症状だったようです。

うちの子は、粉ミルクを全然飲んでくれなくて、母乳しか受け入れてくれませんでしたので、痛みを感じたときは、とてもつらかったです。

産婦人科で教わった通りマッサージをつづけたら、その後は痛みがありませんでした。

おっぱいトラブルを起こさない為にも、辛い思いをする前に、異変を感じたら、早目に受診することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました