妊娠中のセックスはしてもよい?ダメ??

妊娠中

妊娠中のセックスの悩みと対策

妊娠が発覚してからは、夫婦の営み(セックス)について考える人も多いと思います。
妊娠したら、女性の体は、精神的にも肉体的にも大きく変化があり、人それぞれ全く異なるようです。また夫婦間の意識でも変わることも多いでしょう。

全くしなくなる夫婦もいますし、あまり感じなくなった。逆に初めてオーガズムを感じた。など様々です。

一般的に、性的欲求や関心と言うのは、妊娠初期には減退し、妊娠中期に高まり、後期にはまた減退する傾向があると言われています。
特に、妊娠初期には、つわりなどがあったり、おっぱいに痛みが出たりなど、体の変化が気になったり、安定期前ということで、精神的に行為自体に集中できないということも関係すると思います。

安定期を過ぎると、心身ともに余裕ができ、性的欲求が戻ってくる人もいます。
後期になると、痛みや不快感があったり、出産への緊張などから気持ちが無くなっていくようです。

ですが、パパの体は違いますよね。ずっと我慢というのもかわいそうですし、他の夫婦はどうしてるのでしょうか?

そもそも妊娠中にセックスしても大丈夫なの?

原則、妊娠経過が順調で医師から控えるように言われていなければ、特に問題ありません。
気を付けなければいけないことは、激しい動きはしないようにしたり、感染症の恐れがありますので、コンドームは必ず使いましょう。
性器はもちろん、手指も清潔にしておきましょう。

胎児は、子宮と羊水が守ってくれています。子宮口の粘膜が膣との間を遮断しているので、性行為をすること自体があかちゃんに影響を与えることは普通はありません。

セックスを控えなければいけない時

出血がある。
流産や切迫流産の経験がある人
切迫早産の恐れがある人
早産や切迫早産の経験がある人
羊膜が破れたとき
前置胎盤
以前に多胎出産をしているとき

不安な場合は、まずは医師に相談しましょう。

他の夫婦はどうしてるのでしょうか?

これは夫婦の考え方で様々です。
全くしないと決めている方もいらっしゃいますし、週に2,3回や、したくなった時にするという方など様々です。

初産の方などは、全くしない方も多い携行があるようです。それは、精神的なもので、流産を心配したりそういった思いから控えている場合が多いそうです。

他にも、スキンシップだけにしたり、挿入はせず、オーラルセックスや手だけでご主人に満足してもらっている夫婦も多いです。

セックスは、お互いの愛情表現と積み重ね。激しいセックスや回数よりも、内容を重視し、お互いを思いやる気持ちが大切です。

妊娠中期、後期となると、おなかも大きくなって、体位も考えなければなりません。お互いを思いやって、苦しくない体位を開発するなど、よりお互いのきずなを深めて行きましょう。

妊娠初期の悩み

妊娠初期は、つわりの影響で吐き気があったり、食欲もなく、ストレスがあったり体調がすぐれない事があると思います。そのような時は、無理をしないようにしてくださいね。無理をすると、つわりをさらにひどくしてしまうかもしれません。

つわりが軽い日に試してみたりするのもよいでしょう。おおよそ、妊娠4ヶ月頃になるとつわりの症状が治まってきたり、体調も安定すると思いますので、それまでは体を優先してくださいね。

陣痛の原因にならない??

セックスをしてオーガズムを迎えると、子宮収縮を起こしますが、セックスが原因で陣痛を引き起こす原因にはなりません。

女性のオーラルセックスは?

挿入に不安がある場合、パパに舐めてもらうこともあると思います。少し注意しなければならないのは、膣内に空気を吹き込むと、塞栓症(そくせんしょう)の恐れがあります。他の愛撫は特に問題ありません。パパを満足させてあげるときは、おなかを強く圧迫しないよう、体勢には気を付けましょうね!

性器、おっぱい、膣分泌物(愛液)の変化

妊娠中は、性器が充血しやすくなります。それは、骨盤への血液量が増える為です。その為、感度がパパもママも妊娠前とは異なる場合があります。
また妊娠初期のころは、おっぱいが痛くなったりして、触られるだけでもつらい時期があると思います。妊娠中期になれば痛みは無くなってくるでしょう。中期、後期へと進むにつれ、おっぱいは少しずつ大きくなってきます。
膣分泌物(愛液)も妊娠中は増えます。濃度やにおいや味も、妊娠前とは変化するでしょう。その為、オーラルセックスをすると、もしかするとパパが不快に感じる場合もあります。

その他の変化

オーガズムをの後に、おなかが張ったような感覚になることがあります。
子宮何の血液が増えて、生殖器が充血し、子宮が収縮することから、そのように感じていると考えられます。オーガズム後におなかの張りを感じる程度なら、流産など胎児に影響することはまずありません。

セックス後に出血しました。大丈夫?

妊娠中は、子宮などが出産準備の為、柔らかくなっていきます。その為、出血する場合があります。
ほとんどが問題ない場合が多いですが、出血量が多かったり、毎回出血する場合などは、産科医に相談するのも良いでしょう。

妊娠後期。セックスしても大丈夫?

まずは、妊娠経過が順調であることが重要です。不安がある場合は控えましょう。
順調であれば問題ありませんが、激しいセックスはやめましょう。

最大の問題は、おなかが出てきているので、おなかに負担がかからないよう気を付けてください。
苦しくない無理な体位で行って下さい。パパと二人で新しい体位を見つけることで、スキンシップを深めることができると思いますよ。

出産前(妊娠32~36週)には、子宮収縮が起こりやすいので、控えたほうがよいというお医者さんもおられます。37週目以降になれば大丈夫です。
感染症が心配ですので、コンドームはしっかりと装着し、挿入は浅めにしてください。

まとめ

妊娠中のセックスはしてもよい。
早産の危険性がある人は控える
感染症予防の為、コンドームは着用する。
セックスが陣痛の切っ掛けになることはない。
お互いを思いやり、無理のないスキンシップ、コミュニケーションをとる。

タイトルとURLをコピーしました