会陰マッサージの効果と方法!会陰切開予防法

妊婦 妊娠中

出産時の「会陰切開」(えいんせっかい)を不安に思っておられる妊婦さんは多いのではないでしょうか?
それの予防法として、「会陰マッサージ」というものがあります。
できることなら会陰裂傷や会陰切開をしたくないという妊婦さんに、会陰マッサージのやり方や効果について、まとめました。

会陰(えいん)とは

会陰とは、膣と肛門の間の部分の事です。

会陰切開とは?

出産時、会陰の部分が伸びて広がり、出口が大きくなります。
ですが、会陰部分がしっかり伸びない場合には、この部分をハサミで切って、分娩をスムーズにおこなえるようにする処置の事です。

赤ちゃんの頭が出てくる寸前に、切開をすることで、赤ちゃんがスムーズに出てこれるだけでなく、赤ちゃんの頭や肩でママの体を傷つけることを防ぐことができます。

キューティーママの場合は、会陰マッサージのことを知りませんでした。
出産時、会陰切開をしなかった為、会陰裂傷を起こしてしまい、出産後すぐに会陰部分を縫わなくてはならなくなり、出産後1か月くらいずっと痛かったです。
特に、おしっこをした際には、とってもシミて痛かったです。

あかちゃんの出口が小さい場合、必要な処置ではありますが、できれば会陰切開したくないというママさんも多いと思います。
会陰切開をするかしないかは、安全なお産のために、判断は医師が行います。
不安な方は、出産前に産院に相談したり、確認をしておきましょう。

会陰マッサージってなに?

会陰マッサージは、出産前に会陰部分をマッサージすることで柔らかくしておき、会陰切開の処置をしなくてもいいようにするための予防法です。
もちろんマッサージをしたからといって、100%防げるわけではありませんが、会陰切開をしなくてもいい可能性は高まります。

会陰部分を柔らかくし、伸びやすくすることで、会陰を傷つける可能性も減り、出産によるダメージが少なく、回復も早くなります。会陰裂傷の予防にもなります。

また、会陰切開が必要になった場合も、マッサージで柔らかくしておけば、切開範囲が小さくて済む場合もありますので、出産時のダメージ、産後の回復の事を考えると、会陰マッサージをしておいたほうがよいでしょう

会陰マッサージのやり方

会陰マッサージは、オイルを使って指で優しくマッサージしていきます。
何より、デリケート部分ですので、最初にしっかりと手を洗い、清潔な状態で行ってください。

爪が長い人や、直接触ることが不安な方は、清潔なコットンにオイルをつけて、マッサージしていくとよいでしょう。

1.膣の周囲をマッサージしていく

指にマッサージオイルをたっぷりとつけて、膣の横側から下側にかけて、Uの字を描くように、ゆっくりと優しくマッサージしていきます。

2.会陰部分(膣と肛門の間)をマッサージ

また、オイルをたっぷりとつけて、会陰部分自体を、くるくると円を描くように、ゆっくりと優しくマッサージしていきます。

注意点として、指が肛門に触れてしまったら、すぐにマッサージをやめて、手よく洗ってから再開してください。

時間と回数とタイミング

上記、1と2を1セットとして、各部位2~5分程度、するとよいでしょう。
体調にあわせて、無理のない程度、週に2,3回行います。

清潔を保ちたいので、できればお風呂上りに行うことをおすすめします。
お風呂上りは体も温まっており、マッサージの効果も出やすく、オイルの浸透もよいでしょう。

効果的な方法

マッサージが終わった後、そのままでもOKですが、オイルが気持ち悪い方は、ふき取っても問題ありません。
より効果的に行う方法として、オイルはふき取らず、おりものシートなどを使って、よりオイルが時間をかけて、お肌に浸透させると効果が高まるでしょう。

男性にマッサージしてもらったほうが、リラックスできる。と、いう方も結構おられます。
パパに協力してもらいながら、マッサージをする方法もおすすめです。
パパにマッサージしてもらうことで、お互いのスキンシップにもなり、愛を深められることでしょう。

会陰マッサージに使用するオイルは?

マルラオイル
会陰マッサージに使用するオイルは、塗る場所がデリケートゾーンということもありますので、植物由来や動物由来、できるだけ自然のオイルを使用しましょう。肌が敏感な部分でもありますので、刺激の強いオイルを使用すると、肌荒れの原因になります。ホホバオイル、マルラオイル、セサミオイル、馬油などがおすすめです。オイルは様々な種類がありますので。自身のお肌に合ったものを選ぶとよいでしょう。

使用する前にはパッチテストを行ってください。
腕の内側に10円玉程度の大きさに塗り広げて、1日~2日程度様子を見てください。
その際に、塗った部分にかゆみが出たり赤くならなければOKです。少しでも異常がある場合は使用を控えましょう。
また、妊娠によって体質の変化が出ている場合があります。妊娠前は大丈夫だったオイルでも念のためパッチテストをしておきましょう。

キューティーママおすすめのオイル

会陰マッサージいつから行う?

ヨガ
おおよその目安として妊娠32週目くらいから行うとよいでしょう。
妊娠過程が順調であるなら、もう少し早めからでも始めることができますが、基本的には、医師に相談の上、問題がないと判断されてから行うようにしましょう。

それ以外にも、ストレッチなどの柔軟体操など体を動かすと会陰部分を柔らかくする効果が期待できるでしょう。

膣・肛門の引きしめ運動(いわゆる膣トレ)も意識してやっておきたいですね。力を入れたり抜いたりを繰り返すとよいでしょう。

会陰マッサージはコツコツ続けることが大切

遊ぶ子供
出産時のダメージが少ないと産後の回復も早いことは言うまでもありません。産院のマタニティークラスやマタニティーヨガ、助産師さんなどにも相談ができますので、自分に合ったやり方、自分にできる方法を見つけて下さいね。
無理をせず、リラックスしながらやっていきましょう!


タイトルとURLをコピーしました