岐阜県・奥飛騨温泉郷はすごくいい!毎年行っています!

おでかけ

キューティーママは、実は温泉が大好きです。
近所のスーパー銭湯など、温泉施設には毎月結構いってるんですが、ここだけは外せない!と、いう天然かけ流し温泉があります。

それは、「奥飛騨温泉郷」です。

奥飛騨温泉郷は、飛騨高山から1時間くらいの山奥にある温泉地です。
上高地にもほど近く、観光バスがたくさん走っているので、観光に最適です。

東海北陸道の高山西ICも数年前に出来て、かなりアクセスも良くなりました。

以前は、雪深くてかなり行きにくかった場所ではあるのですが、最近は雪も少なくなって、行きやすくなりました。でも雪が多い方が楽しいんですけどね(笑)

私が奥飛騨にはまったのは、20歳くらいの時に、父と二人旅行をしたのがきっかけでした。
父と二人旅行なんて、多分人生で最後かなぁと思って、父に誘われて行ったのがきっかけでした。

この1回の旅行で魅せられてしまい、当時の彼氏、今の旦那はじめ、それ以降は毎年訪れています。夏冬最低年に2回。今でも家族旅行で必ず伺います。

>>奥飛騨温泉の旅館を予約する!

奥飛騨温泉郷は、平湯温泉、新平湯温泉、福地温泉、栃尾温泉、新平湯温泉の5個の大きな温泉から成り立っている温泉郷です。
それぞれの温泉でも源泉によって泉質が全く異なるという、湯量が豊富な温泉街です。

宿もそれぞれ特色があり、高級旅館からリーズナブルな民宿まで100以上の宿泊施設があり、宿によっても泉質が異なることも様々。
温泉に特化した宿。飛騨牛など地元の食材に特化した宿。その両方を取りそろえたゴージャスな宿。プライベート感を重視した宿。本当に様々な宿が揃っています。
もちろんリーズナブルな民宿などなど、数百件の宿があります。

それほどいい湯といい食材が揃っている素敵な地です。
唯一の欠点は、雪ですね。雪が降る以外の季節は、夏でも涼しくとても過ごしやすい土地です。
雪の季節は、とても厳しいです。一晩で1メートル近く積もることも普通の地域です。スタッドレスは必須。それ以上の装備で訪れることは必須です。

厳しい自然環境なのですが、私はそこに魅せられました。恥ずかしいですが、混浴風呂もあったり、温泉地としてすべてが揃っている場所であると思います。

食もすごいんです。飛騨牛はじめ、おいしい野菜とお水。
お水がおいしいと、お米もとてもおいしいですね。
天然イワナやアマゴのお刺身、焼き魚。季節によりますが、クマ肉のお料理。

温泉水を利用した、食用をメインとしたスッポン飼育(養殖)も有名で、予約をすればスッポンフルコースを食べられる旅館も数多くあります。
最近では、温泉水を利用したフグの養殖をしており、山奥にも関わらずトラフグのフルコースも食べられます。

富山にも近いので、おいしいお魚も食べることが出来ます。
宿によっては、カニスキとかもご用意可能だそうです。

観光もたくさんあります。
飛騨高山、平湯大滝、クマ牧場、温泉めぐり、鍾乳洞、新穂高ロープウェイ、冬はスキーなどのウインタースポーツ、世界遺産の五箇山合掌造り集落、春夏秋は、上高地や乗鞍への拠点にしたりも出来ます。

それ以外にも、森の水族館や地元食材をふんだんに使用した地元のレストランを巡ったりと、最高の地です。

本当に良いところなので、ぜひ皆さん行ってみてください!
とはいえ、最近観光客が増えてきて、こちらも宿が取りにくくなっている印象があります。特に週末。

>>奥飛騨温泉の旅館を予約する!




タイトルとURLをコピーしました