濁河温泉「湯の谷荘」さんに宿泊してきました!

おでかけ

キューティーママ家冬の旅行記2日目の宿は、濁河(にごりご)温泉の「湯の谷荘」さん
ご夫婦で経営されているアットホームな民宿で、源泉かけ流しの温泉と地元の食材をふんだんに使った家庭料理が自慢で、それでいてリーズナブルな価格が魅力的なお宿です。

濁河温泉「湯の谷荘」の詳細はコチラ>>


今回、奥飛騨温泉郷からの移動で約3時間ほどかかって到着。
ずっと雪道の運転でしたので、「やっとついたー」というのが、本音です。
(とはいえ、運転しているのは主人ですがwww)

奥飛騨からの道中に関してはこちら>>

湯の谷荘さんに到着し、宿前に車を停めると早速女将さんがお出迎えしてくれました。

雪深い日の平日ということもあり、宿泊者は私達夫婦だけでした。
なので、車もそのまま玄関前でOKということで、そのまま置かせて頂きました。

早速、館内に入り宿帳を記入。
館内の説明を受けて、お部屋にご案内して頂くのですが、宿が斜面に建っていることもあり、まるで迷路のようです(笑)
お風呂(温泉)も、本来は男女別なのですが、他の宿泊者がいないということで、男湯の方を私達専用の貸切にしていただけました!
めちゃラッキーです。しかも24時間好きな時に入浴可能!うれしい限りです。

さすが、標高1800メートル。雪の雰囲気が違います。量が多いです。
そして、気温も低いので、窓を開けるとめちゃくちゃ寒い。一気にお部屋が寒くなります。

恐らく、この時期周りに観光する場所はほとんどないと思います。
ゆっくりと温泉を楽しんで、おいしいものを食べて、のんびりして日頃の疲れを癒すって感じになりますね。
もちろん、私たちはそれを望んで来ているので、全く問題ありません。

そういうことだからでしょうか?
すでにお布団が敷いてあります。また面白いのが、掛布団の上に足元だけさらに掛布団。夜はそれほど寒いんでしょうね。。。
お部屋にはコタツも用意されているので、暖かいです。実家にいるような雰囲気で落ち着きます。


片付けなどしているともう17時、お食事は18時からなので、早々に浴衣に着替えて、温泉に行きます!

温泉

温泉は、内湯と露天風呂があり、どちらも源泉かけ流しの温泉!お湯が濃いですね~。

脱衣所はこんな感じです。

鉄分が多いからでしょうか、出てきているお湯は透明ですが、湯船にたまっているのは茶褐色のお湯です。
硫黄臭はそんなになく、鉄っぽい香りがします。

内湯も露天風呂も広くゆったり入れます。内湯は少し熱め。露天風呂はぬるめでいつまででも入っていられる湯温で、とても気持ちがいいです。

他のお客さんがいないというのは、気兼ねすることなく気分的にも解放的になれますね!

シャンプーやリンスもそろっていました!

次はお食事です


お食事はお鍋中心の家庭料理です。
地元の食材をたくさん使った料理で、とてもおいしいです。

1日目の宿の懐石料理みたいなものもいいけれど、やはりこのよな肩肘張らない料理というのは、落ち着いてほっこりします。
1日目の宿の詳細はコチラ>>

また、品数、ボリュームも満点で男性の方でも全く問題ないと思います。

こちらのお宿は、高所にあるが故、夏のシーズンはスポーツ選手が夏合宿に長期滞在されているそうです。
サインもたくさん貼ってありました。そういう方々も満足の料理なので、安心できます。

本当においしくて、全部頂きたかったのですが、もうおなかいっぱい!!
残してしまいました。ごめんなさい。

食事のあと少し休憩して、また寝る前にのんびり温泉を楽しませて頂きました。
温泉後は、日本酒で晩酌。2日目も朝から盛りだくさんと長距離移動の疲れもあり、早めに就寝しました。

やっぱり寒い・・・

就寝してしばらくたったころでしょうか。。。やっぱり寒くてなかなか眠れないんです(笑)
もちろん、暖房もしっかりとついています。

女将さんからは、「押し入れに毛布やお布団がたくさんあるから自由にだしてね!」と、言われていたので、毛布と掛布団を追加でだして、やっと温まることが出来ました。

そのころ、丁度雪が降り出していたようです。

3日目の朝

3日目の朝が来ました。旅行最終日です。
前日、早く休んだので早目に目が覚めた為、早朝から温泉に入りました。

実は前日の夜に、ある「仕込」をしておいたんです。
ぬれたタオルをそのままお風呂に置いておいて、どれくらい凍るか確かめてみました(笑)
もう子供の実験ですね。。。

結果は、、、やっぱりカチカチ!
さすが気温マイナス15度です。家庭用冷凍庫よりも多分低い温度ですもんね。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、タオルをまっすぐに立ててるんですよ~(笑)

1時間以上温泉を楽しませて頂き、お部屋でクールダウン。

8時~の朝食に備えます。

朝食


朝ごはんも地元の食材がたくさん使用されたご飯です。
ほうば味噌もシイタケがたくさんのっていておいしそうです。
お水がいいからか、白米も非常においしい!

お味噌汁も地元産なめ茸、とっても大きくておいしかったです!

朝食後は、まだ少し時間がありましたので、もう1度温泉に入らせて頂きました。
いやー本当に気持ちがいいです。

チェックアウト


荷物を整理し、チェックアウトです。
帰路は、中央道の中津川ICから、大阪方面に向かうことにし、御岳山を木曽方面に降りることにしました。
女将さんに、観光地の事を質問しましたが、冬の木曾地方はほとんど観光できることろが無いとのこと(笑)

そば工場、ジェラート屋さんなどをご紹介頂き、出発となりました。

帰る前に、ご主人がいないなぁと思っていたら、いい雪が降ったので、チャオ御岳スキー場に滑りに行ってしまったそうです(笑)

最後に、玄関前で写真を撮って頂き、出発しました。この日は、ずっと結構な雪でした。

キューティーママまとめ

湯の谷荘さん、本当に良いお宿でした。
失礼ながら、施設は結構築年数がたっているようですが、清掃なども行き届いていますし、私達しかいないのに、廊下や脱衣場など、いたるところにストーブを付けて頂いて、快適に過ごすことが出来ました。
そして、冬は外出することも難しいほどの雪と低気温。食事と温泉しか楽しみはありませんが、そのどちらもが本当によくて、のんびり過ごすことが出来ました。

ココでしかできない体験をさせてもらえたと思います。
欲深い私は、色んな旅館に宿泊してみたいと思うのですが、また来年もこちらに泊まりたいなぁ。
と、思えるほどいいところでした。お世話になりました。

タイトルとURLをコピーしました