ふるさと納税を利用して所得税・住民税を安くしよう!

納税 生活・お金

「ふるさと納税」って、最近よく聞くけど、結局どんなものなのか、わからないって人がいると思います。
本屋さんにも、「ふるさと納税ランキング」みたいな本が並んでいたりするので、パラパラっと立ち読みしたら、どうやら、好きな自治体(市町村)に納税することによって、税金の控除を受けられるとか。
そのお礼に、その自治体からの特産品が送られてきて、とってもお得なんだそうです!

中には上手に利用している人も多いそうで、納税額以上の特産品が送られてくる自治体もあり、良く知っている方は、それを狙ってふるさと納税しているそうです。人気の物は、すぐに品切れになってしまうそうです。

あと、納税後の税金還付の手続きも今ではとてもスムーズにできるそうなので、まずは、どんなものが貰えるのか調べてみましょう!

税金控除の金額については、世帯構成や収入により異なるります。
目安は下記のサイトで調べることが出来ますよ。

・さとふる

そもそもふるさと納税ってなに?

あなたが好きな自治体を応援する寄付金を送ることです。
寄付をすることで、地域の人を応援し、御礼の品を通じて、あなたがその地域の魅力を知ることができたり、寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も、寄付した人もお得になるというみんなが幸せになれるものです。

簡単にいうと、あなたが地域に寄付金をすることで、地域を応援できるし、御礼の品ももらえるし、税金も控除される。と、いうものです。

ふるさと納税が人気の理由

①お礼の品が貰える。
⇒お米やお肉、海産物など地域の特産物がお礼の品として用意されています。(お礼の品は、地域により異なります。)

②自己負担実質2000円!税金控除
⇒寄付した金額はその年の所得税と。翌年度は個人住民税より控除されます。
確定申告がいらないサラリーマンなどは、確定申告が不用な制度も用意されていて、とても便利!

※控除上限額の範囲内で寄付すると、2,000円を超える部分の金額が控除または還付されます。

③寄付先は、好きな自治体が選べる。
⇒自分の出身地だけでなく、好きな自治体を選べます。
キューティーママなら、大好きな、岐阜県高山市や長野県安曇野市、白馬村などかな?
被災地の応援にもいいですね!

④寄付の用途も選べます。
⇒あなたが寄付したお金の使い道を自治体に対して指定できる画期的な制度です。

⑤複数の地域に寄付できる。
⇒何ヵ所に寄付してもOKです。複数地域に寄付して、様々なお礼の品を貰うのも楽しみですね!

下記のサイトで、実際にもらえる商品や控除額の事例、シュミレーションからお申込みまで出来ます。
さとふる

ふるさと納税簡単な流れ

さとふるのサイトに行く。
②お礼の品を選ぶ
③寄付の申込をする
④お礼の品を受け取る
④確定申告する。
※サラリーマンなど確定申告をしないでいい方は、確定申告不要です。(ワンストップ制度)

ふるさと納税お礼の品ランキング

<第1位>佐賀牛 切り落とし1kg

佐賀県嬉野市 1万円

佐賀牛切り落とし

<第2位>北海道近海産毛ガニ

北海道八雲市 1万円

毛ガニ

<第3位>上州牛モモ・カタ・バラすき焼き用肉

群馬県榛東村 1万円

上州牛切り落とし

<第4位>さがびより12kg

佐賀県嬉野市 1万円

さがびより

<第5位>鹿児島県産鰻蒲焼2尾

鹿児島県指宿市 1万円

うなぎ

他にも、いくらやハム、もも、ビール、ウニなどなど、人気商品は見ていたらお腹が鳴り、よだれが出そうなものばかりです。
地域によっては、木工品や包丁などの物品、温泉宿の宿泊券やゴルフプレー券、お食事券などがあったり、様々です!

ふるさと納税攻略法!?

大それたタイトルですが、そんなことはないんです(笑)

例えば、果物や海産物って「旬」がありますよね。
「私はモモが欲しい!」と、思っていても、モモの旬は夏ごろです。冬に寄付しても、すでに「モモ」は収穫できないので、お礼の品として、選べないんです。

また、人気が殺到すると、その品物が終了する場合があります。

ですから、攻略法としては、あなたが貰いたいお礼の品をよく見ておいて、その時期になったら申し込むということです。

さとふるでは、ランキング形式で、「今、人気の品」がピックアップされていますので、選びやすいですね。

ふるさと納税、本当にお得なの?

ふるさと納税は、2015年から、住民税控除額を最大1割→2割へ拡大されました。
例えば、年収500万円、配偶者が専業主婦、中学生以下の子供が2人の場合、寄付金の上限額は、69,000円です。

実質の自己負担2000円で、69,000円の住民税控除を受けられるんだから、とってもお得ですよね!
それに、おいしいものも届くので、自宅で贅沢な食事が出来たり、家族旅行がもう1回出来たりと、いいことばかりです。

もちろん、最初に寄付金がいるので、先払いにはなるのですが、その分後から返ってくるので問題ありません。

お金の使い道も選べるので、地域の方にも喜んでもらえたりできる制度だから、正直、利用しない手はないと思います。

ふるさと納税をさらに詳しく!

ふるさと納税、低所得でもお得なの?

ふるさと納税、やっぱり高所得者ほど、お得になるようになっています。
ですが、寄付した気持ちとお礼の品を考えると、どうでしょう?

極端な例ですが、年収300万円独身者の寄付上限金額は、31,000円
年収200万円の単身者でも15,000円となります。

年収300万円の人が、2万円寄付すると、自己負担2000円で、18,000円が戻ってきます。

注意点としては、仮に4万円寄付しても、31,000円しか戻ってきません。

個人事業主でもふるさと納税できるの?

もちろん出来ます。
個人事業主さんの場合は、支払っている住民税の1割程度が上限額の目安と考えるのが良いと思います。

ただし、個人事業主さんの場合は、確定申告をきちんとしないと、控除額が戻ってきませんので注意が必要です。
とはいえ、受領書をちゃんとおいておけば、合計額を確定申告時に入力するだけなので、難しいことはありません。

キューティーママのまとめ

年収が高い世帯ほど、利用した方が所得税、住民税の控除額も増え、お得になるから、一時的な出費は増えますが、利用した方が良いでしょう。
特にボーナス時に、上手に利用すれば、瞬間的な家庭への負担を減らしながら、節税効果もあり、色んなものがお礼として送られてくるので、賢いママはぜひ活用してみてください。

また、包丁などのキッチン用品などもありますし、旅行券などを選択して、夏旅行や冬旅行の足しにするのも、良いかと思います。
寄付した地域の自治体の方にも喜ばれますし、本当に良い制度だと思います。

私も、今年のボーナス時には、上手に利用できるよう、各自治体のお礼の品を調べまくる予定です(笑)

ふるさと納税ならさとふる

タイトルとURLをコピーしました